美濃橋 みのはし

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 大正 / 中部 

岐阜県
大正/1916
鋼製補剛吊橋、橋長113.0m、幅員3.1m、コンクリート造アンカーレイジ2基
を含む
1基
岐阜県美濃市曽代、同曽代地先、同前野
重文指定年月日:20030530
国宝指定年月日:
美濃市
重要文化財

 美濃橋は,美濃市街地の北部,小倉山の西方を長良川が湾曲して流れる地点に架かる吊橋である。岐阜県技師戸谷亥名蔵を中心に建設が進められ,大正4年8月起工,同5年8月に竣工した。橋長113m,支間116m,幅員3.1mの単径間補剛吊橋である。
 両岸に据えられたアンカーレイジに,鉄筋コンクリート造の主塔から吊るされた主ケーブルを碇着し,吊ケーブルで支持された橋桁を鉄骨トラスで補剛する。
 美濃橋は,わが国に現存する最古の近代吊橋として,橋梁建設史上,高い価値がある。近代吊橋の要素を構造躯体全体に備え,建設当時わが国で最大級の支間を実現した,大正期を代表する吊橋として,重要といえる。

作品所在地の地図

関連リンク

美濃橋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白川橋
清洲橋
玉手橋
萬代橋
永代橋
ページトップへ