常称寺 本堂 じょうしょうじ ほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 室町 / 中国・四国 

広島県
室町中期/1393-1466
桁行五間、梁間六間、一重、入母屋造、本瓦葺
附・須弥壇及び厨子 一具
1棟
広島県尾道市西大久保
重文指定年月日:20071204
国宝指定年月日:
重要文化財

 常称寺は、時宗二代真教によって鎌倉時代後期に創建された寺院で、本堂は室町中期、観音堂は室町後期、鐘撞堂は江戸前期、大門が室町前期の建築とみられる。常称寺の諸堂は、室町期の時宗寺院伽藍を伝える数少ない遺構であり、特に本堂は、和様の外観と禅宗様の内部構成を兼備し、内外陣と脇陣を一体的空間とするなど、盛期の時宗本堂の特徴を有している。
 また、境内に残る観音堂や鐘撞堂も、各時代における当地方の意匠的特徴を備えており、時宗寺院伽藍の構成を理解するうえで、価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

常称寺 本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

常称寺 鐘撞堂
常称寺 観音堂
常称寺 大門
善導寺 本堂
福成寺本堂内厨子及び須弥壇
ページトップへ