旧魚梁瀬森林鉄道施設 井ノ谷橋 きゅうやなせしんりんてつどうしせつ いのやばし

近代その他 / 大正 / 中国・四国 

高知県
大正/1924
鋼製単トラス桁橋、橋長五四・五メートル、両側鋼製側径間及び橋台二基付、南北擁壁附属
1基
高知県安芸郡北川村久木
重文指定年月日:20090630
国宝指定年月日:
高知県、奈半利町、田野町、安田町、北川村、馬路村、八幡宮
重要文化財

 魚梁瀬森林鉄道は,高知県東部の魚梁瀬地区からの伐採木搬出のため,明治44年から昭和17年にかけて農商務省の直轄事業により建設された森林鉄道施設である。
 わが国最初期の森林鉄道施設の一つであり,通常の鉄道構造物とは異なる構法や規模で建設された橋梁や隧道が,旧態を良好に保持しながらまとまって残り,林業技術史上,貴重である。
 また,二股橋と堀ヶ生橋はそれぞれ無筋コンクリート造及び充腹式鉄筋コンクリート造橋梁として,近代における最大級の径間を実現した構造物であり,コンクリート技術史上,高い価値がある。

作品所在地の地図

関連リンク

旧魚梁瀬森林鉄道施設 井ノ谷橋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧魚梁瀬森林鉄道施設 犬吠橋
旧魚梁瀬森林鉄道施設 小島橋
旧魚梁瀬森林鉄道施設 釜ヶ谷橋
旧魚梁瀬森林鉄道施設 落合橋
旧魚梁瀬森林鉄道施設 明神口橋
ページトップへ