太刀〈銘国行/〉 たち〈めいくにゆき〉

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸 / 鎌倉 / 関東 

国行
東京都
鎌倉
鎬造、庵棟、反り浅く、中鋒。鎬幅狭く、鎬高し。鍛え板目肌流れごころに柾交じり、地沸よくつく。刃文湾れに互の目交じり、砂流しかかり、匂深く、小沸よくつき、所々に金筋かかる…
身長69.7 反り1.5 元幅2.8 先幅1.9 鋒長3.0 茎長17.6 (㎝)
1口
刀剣博物館 東京都渋谷区代々木4-25-10
重文指定年月日:19540320
国宝指定年月日:19540320
登録年月日:
公益財団法人日本美術刀剣保存協会
国宝・重要文化財(美術品)

当麻派の祖、国行の作で、同工の有銘の作は現存するものが少ない。本太刀は磨り上げているが、丁子乱れの刃文を焼、細かにつんだ地肌に特色があり、刃中に足、葉が見事に現れ、同工の特色をよく示している。身幅があり、重ねも厚く堂々とした姿は鎌倉中期の太刀姿の典型である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘国行/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘則国/〉
太刀〈銘光忠/〉
太刀〈銘長光/〉
太刀〈銘来国光/〉
太刀〈銘大和則長作/〉
ページトップへ