紙本淡彩奥の細道図〈与謝蕪村筆/安永八年十月の款記がある〉

絵画 / 江戸 / 近畿 

与謝蕪村
大阪府
江戸/1779
2巻
大阪府池田市栄本町12-27
重文指定年月日:19780615
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人阪急文化財団
国宝・重要文化財(美術品)

俳人であり、日本文人画の大成者でもある与謝蕪村(一七一六 一七八三享保元年-天明三年)は奥の細道図をかなり多数描いたものと思われるが、いずれも安永六年から三年ほどの間に集中的に描かれ、芭蕉への回帰を強めていったと思われる。本図巻は安永八年(一七七九)に描かれたもので、蕪村の門弟であった黒柳召波の息・維駒に与えられている。絵、書ともに内容最も充実しており、蕪村が奥の細道図の完結をめざした最後の一本であったかとも思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本淡彩奥の細道図〈与謝蕪村筆/安永八年十月の款記がある〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本淡彩山野行楽図〈与謝蕪村筆/六曲屏風〉
紙本墨画淡彩富嶽列松図〈与謝蕪村筆/〉
与謝蕪村関係資料〈/寺村家伝来〉
紙本淡彩奥の細道図〈与謝蕪村筆/下巻に安永七年十一月の年記がある〉
紫陽花郭公図
紫陽花郭公図

与謝蕪村

ページトップへ