絹本著色阿弥陀二十五菩薩来迎図 けんぽんちゃくしょくあみだにじゅうごぼさつらいごうず

絵画 / 鎌倉 / 東北 

福島県
鎌倉
1幅
福島県立博物館 福島県会津若松市城東町1-25
重文指定年月日:19910621
国宝指定年月日:
登録年月日:
福島県
国宝・重要文化財(美術品)

 信者の臨終の際に阿弥陀如来をはじめとする聖衆【しようじゆ】が現前し、極楽浄土に迎え取るという『観無量寿経【かんむりようじゆきよう】』に説かれた来迎の情景を描いた図は、平安時代以降、浄土教信仰の興隆にともなって数多く制作され、その遺品も少なくない。
 本図は縦に長い画面の中央に、阿弥陀如来を中心に来迎する聖衆を左上方から画面下方の往生者に向けて対角線的に描いている。阿弥陀如来は右手を屈臂【くつび】し左手を垂下してともに第一・二指を捻じる来迎印【らいごういん】を結び、蓮台を捧げる観音菩薩や合掌する勢至菩薩のほか天蓋【てんがい】をさしかける菩薩等を描いている。阿弥陀聖衆は全身を金色で表しているが、特に衣部分の切金文様【きりかねもんよう】は精緻である。
 本図のような斜め構図で特に如来が立像で表される来迎図は、知恩院蔵阿弥陀二十五菩薩来迎図(早来迎【はやらいごう】)を代表例として鎌倉時代に多く描かれている。『観無量寿経』に説く九品往生相【くほんおうじようそう】に奏楽菩薩【そうがくぼさつ】の記述はないものの、来迎聖衆中に諸楽器を手に奏楽する菩薩衆を描き加えることが来迎図として普通である。それに対して、本図が二十五菩薩すべてを楽器を持たずに舞踊する姿とし、描表装【かきびようそう】中に種々の楽器を配すという構成をとっていることはきわめて珍しい。聖衆のほかに龍を描き込む例も他に見られぬ特色である。また、画面上方に金色の日輪と銀色の線月を表すことも類例がない。さらに、聖衆の先導として往生者の庭先に二人の持幡童子【じばんどうじ】を表し、二飛天を描き加えるなど…

作品所在地の地図

関連リンク

絹本著色阿弥陀二十五菩薩来迎図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿弥陀二十五菩薩来迎図
刺繍阿弥陀三尊来迎図
絹本著色阿弥陀聖衆来迎図
阿弥陀浄土曼荼羅
絹本著色阿弥陀聖衆来迎図
ページトップへ