萩藩明倫古館之図 はぎはんめいりんこかんのず

絵図・地図 / 山口県 

山口県
明治時代以降
紙本・墨画・掛幅
本紙縦67.6、横100.3(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

長州藩(萩藩)の藩校明倫館を描いた図。明倫館は江戸時代中期の享保4年(1719)正月、5代藩主毛利吉元により、萩城三ノ丸内に創建された。「明倫館」という学館名は、『孟子』の一節から採られた。940坪の敷地内には、本門の正面に聖廟(本堂)を配し、射術場・手習場・礼式場・兵書場・馬場・学生寮などを備えていた。

作品所在地の地図

関連リンク

萩藩明倫古館之図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧萩藩明倫館之図
毛利敬親肖像画
毛利敬親肖像画

中島松堂

明倫館練兵用西洋馬具
強兵場扁額
強兵場扁額

村田清風

村田清風肖像画
ページトップへ