宮城郡國分苦竹村全圖(伊沢家文書) みやぎぐんこくぶにがたけむらぜんず

歴史資料  絵図・地図 / 江戸 / 日本  東北  宮城県 

文政07年
絵図
112×240
1枚
前所蔵者住所:仙台市

苦竹村は現在のJR苦竹駅周辺。古くからの村だが、近世の初めに新田開発によって田畑が増え、典型的な近世の村となった。塩釜・松島方面から仙台城下へ向かう街道筋にあたり、村には宿場もあった。この絵図には、田畑や林野などが色分けされて示され、隣の村との境も細かく記されている。また、年貢米を収納する藩の米蔵があり、七北田川を運ばれてきた年貢米を運搬するための堀割も作られていたことがわかる。文政七(1824)年二月。大きさは112×240cm。

作品所在地の地図

関連リンク

宮城郡國分苦竹村全圖(伊沢家文書)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

国分苦竹村風土記御用書出(伊沢家文書)
国分苦竹村御野場証文控(伊沢家文書)
国分苦竹村村高帳(伊沢家文書)
大分郡原村絵図
柴田郡小野村御検地帳(川崎佐藤家文書)
ページトップへ