太刀〈銘来国俊正和二二年十月廿三日□□歳七十五〉 たち〈めいらいくにとししょうわよねんじゅうがつにじゅうさんひ□□とししちじゅうご〉

工芸 / 鎌倉 / 中部 

来国俊
愛知県
鎌倉/1315
鎬造、庵棟、細身、華表返り、小鋒、鍛小板目肌約り僅かに柾ごころあり。地沸つく。刃文中直刃小湾れ交り、小足入り匂口締り小沸つく。帽子小丸。茎生ぶ、先栗尻、鑢目勝手下がり、…
1口
徳川美術館 愛知県名古屋市東区徳川町1017
重文指定年月日:19540320
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

来派の巨匠来国俊の作。現存するものは、正応、永仁の頃に始まり文保年紀に及ぶ。本作には「歳七十五」と行年銘があるが、その上の二字は不明で、国俊本人あるいは注文主のものかもしれない。来国俊研究の一資料で、出来が優れ健全である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘来国俊正和二二年十月廿三日□□歳七十五〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘国行/〉
太刀〈銘来孫太郎作/(花押)正応五□辰八月十三日以下不明〉
太刀  銘 来国俊
太刀〈銘備州長船住兼光/〉
太刀〈銘豊後国行平作/〉
ページトップへ