三十二間二方白星兜鉢 さんじゅうにけんにほうじろほしかぶとばち

工芸 / 鎌倉 / 中国・四国 

広島県
鎌倉
鉄黒漆塗三十二枚張。地星二十大間。星一行十三点。腰巻一点宛。八幡座。鍍金星一点宛。二方白鍍金地板伏せ、正中鎬垂菊座付五條、先花先形、左右と中星十二点、中の左右十一点、後…
前後径22.5  左右径21.0  深11.5  天辺孔径3.3  (㎝)
1頭
広島県呉市広大新開3-3-4
重文指定年月日:19590627
国宝指定年月日:
登録年月日:
学校法人呉武田学園
国宝・重要文化財(美術品)

形姿良く整い、手法も堅緻な兜鉢である。この時代の遺品は、現存するものが少なく、その中でも優品の一つである。安芸武田家に伝来したもので、安芸国銀山城主武田信武所用と伝える。

作品所在地の地図

関連リンク

三十二間二方白星兜鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

二十四間四方白星兜鉢
緋威五十二間四方白星兜
二十八間四方白星兜鉢
二十八間四方白星兜鉢
赤韋威鎧〈兜、大袖付/〉
ページトップへ