周防内侍集〈藤原俊成筆/〉 すおうのないししゅう

 / 平安 / 近畿 

藤原俊成
平安
1帖
重文指定年月日:19840606
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人冷泉家時雨亭文庫
国宝・重要文化財(美術品)

 『周防内侍集』は、平安時代後期の女流歌人周防内侍の家集である。本帖は藤原俊成(一一一四-一二〇四)の書写にかかり、『周防内侍集』の現存最古本である。
 体裁は綴葉装冊子本で、料紙には漉目のある薄墨紙が用いられ、料紙と共紙の原表紙には俊成筆で外題が記されている。本文は半葉十一行、和歌は一首二行書き、詞書は二字下げに書かれ、九十六首を収め、文中数ヶ所俊成自身の手による訂正等がある。その書風は俊成独特の屈曲著しい筆法を示し、書写奥書はないが、その筆致よりみて俊成七十歳頃の書写になるものと認められる。
 現在知られる『周防内侍集』はいずれも、この俊成筆本からの書写本であり、本帖はその原本として国文学史研究上に価値が高く、また歌人として名高い俊成の筆跡を伝えている点でも貴重である。

関連リンク

周防内侍集〈藤原俊成筆/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仲文集〈藤原定家筆/〉
寂蓮無題百首
成尋阿闍梨母集
恵慶集〈上 藤原定家筆/〉
散木奇歌集
ページトップへ