三鈷寺文書(十一通) さんこじもんじょ

その他の画像全3枚中3枚表示

その他の美術 / 平安  鎌倉 / 近畿 

京都府
平安~鎌倉
1巻・1幅
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:19780615
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

三鈷寺は京都府京都市右京区大原野にある天台宗の寺院で、同寺文書の多くが明治の頃寺外に出たが、本文書は三鈷寺文書中、平安時代の文書が最もよくまとまっている。現装は十通が一巻とされ、寿永三年三月無動寺検校慈円譲状が一幅に仕立てられている。その内容は三鈷寺領山城国紀伊郡石原庄、京都府乙訓郡長岡庄、富坂庄の伝領関係文書で、立券あるいは雑役免等平安時代における三鈷寺領の成立、運営の実状を明らかにして注目される。

作品所在地の地図

関連リンク

三鈷寺文書(十一通)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大手鑑〈(八十葉)/有栖川宮伝来〉
東寺百合文書(二万四千六十七通)
東寺観智院伝来文書典籍類
真珠庵文書(千三百三十九通)
阿蘇家文書(三百四通)
ページトップへ