開拓使三角測量勇払基点 かいたくしさんかくそくりょうゆうふつきてん

その他 / 明治 / 北海道 

北海道
明治時代/1873
苫小牧市字勇払132番地の49
苫小牧市営バス勇払公住バス停前、JR勇払駅から徒歩5分、苫小牧市教育委員会 0144-32-6111
北海道指定史跡

・明治6年(1873)、北海道開拓使は、北海道地図を作成するために米国人技術者(ジェームス・アール・ワッソンを測量長として)による三角測量を開始し、勇払と鵡川に測量基点を設置しました。
・勇払基点では、勇払から沼ノ端に向かう道路ぞいの公園内に、高さが0.9メートル、一辺が17メートルの盛土があり、その中央に基点を示す銅棹(指標)の付いた花崗岩の石柱(30.3センチメートル四方)が埋められています。
・勇払基点は、北海道における最初の三角測量の基点跡として、北海道史上及びわが国の測量史上貴重な史跡です。なお、鵡川基点は、現在不明となっています。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

開拓使三角測量勇払基点チェックした作品をもとに関連する作品を探す

開拓使三角測量一本木基点
鵡川盛土墳墓群
アイヌ丸木舟および推進具
開拓使文書
旧開拓使工業局庁舎
ページトップへ