脇指 銘同作彫之長曽祢興里虎徹入道 わきざし めいどうさくこれをほるながそねおきさとこてつにゅうどう

金工 / 江戸 / 香川県 

長曾禰興里
ながそねおきさと
江戸時代(寛文元年)/1661
長47.8 反1.0
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

乕徹は、珠数刃という乱れの大きい刃文を特徴とする。地沸よくつき、明るく冴え、身幅広くどっしりと仕上がる。幕府首切役人山野加右衛門が二体を両断したという金象嵌裏銘がある。高松藩家老家に伝来した。

作品所在地の地図

関連リンク

脇指 銘同作彫之長曽祢興里虎徹入道チェックした作品をもとに関連する作品を探す

脇差 銘 長曽禰興里入道乕徹
脇差 銘 長曽禰興里入道乕徹

長曽禰興里入道乕徹

刀

長曽祢虎徹

二王清長 脇差
刀 銘 讃州住盈永
太刀 銘(延寿)国信 太刀
ページトップへ