立てる像 たてるぞう

油彩画 / 昭和以降 / 日本 

松本竣介 (1912-1948)
まつもとしゅんすけ
1942
油彩,カンヴァス
162.0×130.0
神奈川県立近代美術館

戦後まもなく36歳で没した松本竣介の代表作。都会の風景と人間とを静かに見つめた松本竣介のこの作品には、静まり返った街に両足を踏ん張って立つ青年像が描かれている。背景に描かれた風景は、高田馬場辺りの一隅といわれている。仁王立ちをしながらも、どこか不安げな表情をしたその青年は、暗い時代に抵抗しつつ画家としての生き方を見つめ直そうとしている等身大の自画像とも見ることができる。第29回二科展出品作。

作品所在地の地図

関連リンク

立てる像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

自画像
自画像

松本 竣介

Y市の橋
Y市の橋

松本 竣介

街

松本竣介

駅

松本竣介

家族
家族

松本竣介

ページトップへ