平安宮豊楽殿跡出土品 へいあんきゅうぶらくでんあとしゅつどひん

考古資料 / 平安 / 近畿 

京都府
平安
一括
京都市左京区岡崎最勝寺内13 京都会館内
重文指定年月日:20050609
国宝指定年月日:
登録年月日:
京都市
国宝・重要文化財(美術品)

指定品は、659点にものぼる多量の瓦せん類が主体を成し、それに地鎮具としての性格がうかがえる白色土器3点、建物基壇に使われた凝灰岩製の石材8点、さらに建物を飾っていたと考えられる金銅製の隅木【すみき】あるいは垂木【たるき】先飾金具2点、銅の小角釘1点、またガラス小玉1点で構成される。

作品所在地の地図

関連リンク

平安宮豊楽殿跡出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大阪府陶邑窯跡群出土品
山梨県一の沢遺跡出土品
京都府法住寺殿跡出土品
京都府聚楽第跡出土金箔瓦
大阪府海会寺跡出土品
ページトップへ