佐渡の人形芝居(文弥人形、説経人形、のろま人形) さどのにんぎょうしばい(ぶんやにんぎょう,せっきょうにんぎょう,のろまにんぎょう)

無形民俗文化財 / 中部 

指定年月日:19770517
保護団体名:佐渡人形芝居保存会
 佐渡文弥人形振興会,新穂村人形保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 佐渡地方に伝わる説経、のろま、文弥人形の芝居で、それぞれ浄瑠璃、人形操作、人形首に特色があるもので、人形芝居の変遷の過程を知る上で貴重なものである。
 説経人形は説経節の弾奏にあわせて、突込式の人形を操るもので、「熊野合戦」、「酒呑童子」などの演目がある。その一興行の間狂言として、のろま人形が演じられる。のろまは佐渡の方言を巧みに交えたせりふで操られ、「生地獄」、「木の助座禅」など喜劇性の強い演目がある。文弥人形は文弥節によって人形を操るもので「出世景清」、「源氏烏帽子折」などが伝承されている。

関連リンク

佐渡の人形芝居(文弥人形、説経人形、のろま人形)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

尾口のでくまわし
尾口のでくまわし
山之口の文弥人形
東郷文弥節人形浄瑠璃
伊那の人形芝居
ページトップへ