遠山の霜月祭 とおやまのしもつきまつり

その他の画像全10枚中10枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

指定年月日:19790203
保護団体名:南信濃村遠山霜月祭保存会 大野神社氏子会,三条神社氏子会,八重河内正八幡神社遠山霜月,祭保存会,城 神社氏子会,愛宕神社氏子会,和田諏訪神…
重要無形民俗文化財

 長野県下伊那郡の遠山地方に伝えられてきている霜月の湯立神楽のことであって、上村及び南信濃村の集落十余か所で十二月上・中旬に日を違えて演じられる。
 この神楽は、祭場の土間にかまどを築いて湯釜を乗せ、湯の上飾をつけ、そのまわりで湯立、祈祷を行ない、さらには「火の王」、「水の王」、「天伯【てんぱく】」などの神面をつけた舞が厳粛な雰囲気を保ちながらもにぎやかに行なわれる。三河・信濃・遠江地方の山境に分布伝承されてきた湯立を中心とする霜月神楽の一典型であり、古来の民間信仰及び神事芸能の姿を伝える貴重なものである。(本号原色口絵参照)

関連リンク

遠山の霜月祭チェックした作品をもとに関連する作品を探す

保呂羽山の霜月神楽
保呂羽山の霜月神楽
箱根の湯立獅子舞
花祭
秩父神社神楽
ページトップへ