西浦の田楽 にしうれのでんがく

無形民俗文化財 / 中部 

静岡県
指定年月日:19760504
保護団体名:西浦田楽保存会
備考:
重要無形民俗文化財

磐田郡水窪町西浦の所能山観音堂の旧一月十八日、十九日の祭りに演じられるもので、「庭定め」「鎮守祭」「御神供ばやし」「天狗、天伯の神迎えの式」などが終了すると、「田楽」と称される地能三十三番、はね能十三番、獅子・しずめが観音堂の庭に設けられた楽堂前で夜を徹して演じられる。特に地能における「高足」などの田楽芸や、「田打」「種蒔」「よなぞう」などの田遊びなどを多くもっている点、また一曲の後にその曲を復演するもどきという演出法を多く演じる点など、芸能史的に重要な価値を有している。

作品所在地の地図

関連リンク

西浦の田楽チェックした作品をもとに関連する作品を探す

寺野の三日堂ひよんどり
懐山のおくない
吉良川の御田祭
水海の田楽・能舞
水海の田楽能舞
ページトップへ