白石踊 しらいしおどり

無形民俗文化財 / 中国・四国 

岡山県
指定年月日:19760504
保護団体名:白石踊会
備考:
重要無形民俗文化財

笠岡市白石島に伝承される盆踊の一種で、源平両軍の戦死者の霊を慰めるために始められたものといわれ、八月十三日から十五日まで演じられる。浜辺に仕組んだ櫓をめぐって、島内の老若男女が大太鼓と音頭に合せ、梵天【ぼんてん】や団扇【うちわ】などを手にして踊る。同じ踊りの輪のなかに男踊、女踊、笠踊、二つ拍子(娘踊)などの組があり、一つの太鼓、一つの音頭で各組各様の踊りを踊る演技・演出法は他に類例も少なく、芸能史的に貴重なものである。また、音頭は口説で、「さいの河原」「那須の与市」「お夏清十郎」「お半長右衛門」など十余曲。

作品所在地の地図

関連リンク

白石踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白石踊
大宮踊
大宮踊
郡上踊
下伊那のかけ踊
ページトップへ