尾口のでくまわし おぐちのでくまわし

その他の画像全8枚中8枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

選択年月日:19710421
保護団体名:でくまわし保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

白山麓【はくさんろく】の鶴来【つるぎ】町(ダム建設のため、尾口村深瀬地区の人々が移住した)と尾口村東二口区の二か所に伝承される人形芝居で、文弥人形【ぶんやにんぎよう】、文弥くずしなどと呼ばれる。文弥節による一人遣いの人形芝居で、人形の腰部の後から両手を差し込み、胴串と両手を遣う古い型を残し、また東二口では、ゴロマと呼ばれる間狂言の人形も伝えられている。文弥人形としては、わずかに当地と佐渡などに残るのみで、地方的に特色があり、また芸能史的にも貴重である。上演曲目には「源氏烏帽子折」、「出世景清」など数曲がある。

関連リンク

尾口のでくまわしチェックした作品をもとに関連する作品を探す

尾口のでくまわし
佐渡の人形芝居(文弥人形、説経人形、のろま人形)
白久の串人形
横瀬人形
徳地人形浄瑠璃
ページトップへ