日本工業倶楽部会館 にほんこうぎょうくらぶかいかん

近代その他 / 大正 / 関東 

東京都
大正/1920
鉄骨造、鉄筋コンクリート造及び鉄筋鉄筋コンクリート造地上5階地下4階建、6階以上部分を除く、建築面積1877㎡
1棟
東京都千代田区丸の内1-4-6
登録年月日:19990823
社団法人日本工業倶楽部
登録有形文化財(建造物)

東京駅駅頭に建つアメリカ式オフィスビルの形態にユーゲント・シュティルの意匠を加味した大正建築。我が国工業界のシンボル的建築で、正面中央パラペット上部の人像彫刻は当時の二大工業(石炭と紡績)を表す。設計は横河工務所、松井貴太郎の担当とされる。

作品所在地の地図

関連リンク

日本工業倶楽部会館チェックした作品をもとに関連する作品を探す

明治生命保険相互会社本社本館
玉置文治郎ビル
髙島屋東京店 髙島屋東京店
旧東京科学博物館本館
国際文化会館本館
ページトップへ