曽我氏神社神踊 そがしじんじゃかみおどり

無形民俗文化財 / 中国・四国 

選択年月日:19731105
保護団体名:曽我氏神社祭典当家組
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、徳島県名西郡石井町石井の曽我氏神社(曽我兄弟の霊を合祀)の夏祭りのおり(旧暦七月二十、二十一日)に行われる稚児の風流踊の一種で、阿波地方に多く分布する神踊と称される芸能の一典型を示すものである。
 踊りは音頭取り(大人一人)の唄に合わせて、五歳から十二歳までの男児十数名が締太鼓を打ちながら踊る。芸能次第としては、まず当家で「入葉」「四季」「五色」「煙草」の曲が踊られ、続いて御神前では「入葉」「四季」「五色」「御屋形」「雪華」、踊り場では任意に選柚し、最後に浄土寺では「入葉」「四季」「五色」「鐘鋳」を踊って納める。
 芸能はもとより歌謡およびその旋律にも地方的特色が顕著であり、芸能史的にも貴重なものである。

関連リンク

曽我氏神社神踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

増田の花取踊
下水流の臼太鼓踊
洲崎踊
野母の盆踊
西祖谷の神代踊
ページトップへ