有東木の盆踊 うとうぎのぼんおどり

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

指定年月日:19991221
保護団体名:有東木芸能保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 有東木の盆踊は、男性が受け持つ踊りと女性が受け持つ踊りが区別されていて、それぞれ太鼓を伴奏に、踊り手自身も歌いながら踊る。その踊りは、扇やコキリコ、ササラ、木製の小さな長刀【なぎなた】を持つものがあり、また踊りの輪の中に、飾り灯籠を頭上にかざした踊り手が繰り込んで踊ることがあるなど、多様な内容をもっている。
 静岡市の有東木地区は、安倍【あべ】川の河口から三〇キロメートルほど上流の、左岸に注ぐ支流に沿って急な山坂をさかのぼった、海抜五五〇メートルほどの緩やかな傾斜地で、集落の後背地の峠を越すと山梨県に至る。この有東木の地は、稲作に適した平地はないが、清流に恵まれ、ワサビ栽培発祥の地とされ、またお茶の産地としても知られる。
 この地の盆踊の始まりは明確ではないが、安倍川上流域には、同種の盆踊が伝承され、その中に、一八世紀中ごろに盆踊の太鼓を修理した記録があるところがあり、少なくとも、その頃以前からの伝承と考えられる。
 有東木の盆踊は、八月十四日と十五日の両日、夕方六時三〇分ころから、地域内の東雲寺【とううんじ】の境内を会場に行われる。両日とも、まず男性の男踊りから始まり、四演目ほど踊って、次に女性の女踊りが六演目ほど続き、また男踊りが四演目ほどあって休憩になる。その後、女踊りが始まり、女踊りの最後の演目にかぶせるように、男踊りが繰り込んできて、最後に男性の「長刀踊り」で終わるという構成で、両日とも夜の一二時近くまで踊られる。
 現在の踊りは、男踊りが一〇種、女踊りが一三種の合計二三種であるが、明治から大正にかけて記録された盆踊の歌詞は、…

関連リンク

有東木の盆踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新野の盆踊
新野の盆踊
与島・櫃石の盆踊
対馬厳原の盆踊
西馬音内の盆踊
ページトップへ