江釣子古墳群 えづりここふんぐん

その他の画像全4枚中4枚表示

古墳 / 東北 

岩手県
北上市江釣子・北鬼柳・和賀町長沼
指定年月日:19790910
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 北上川に注ぐ和賀川の北岸に営まれた古墳群である。古墳は3か所に分かれて群をなしている。東方の八幡地区に23基、中央の猫谷地地区に29基、西方の五条丸地区に81基の古墳の存在が確認されている。猫谷地地区については昭和26年早稲田大学が、五条丸地区については昭和37年東北大学および岩手大学が調査している。
 猫谷地地区の調査された5基は、横穴式石室を内部主体とする。奥壁に巨石をたて、側壁は河原石を小口積みし、羨道端を河原石で閉塞する。石室上に天井石を遺存していたのは1基のみである。最大の石室は全長3.55メートル、最小の石室は全長1.2メートルをはかる。いずれも小規模な石室であるが控積みが顕著であり、床面に河原石を据えて側壁の立石を安定させ併せて棺台とするなど特色ある技法が見られ、羨道の前面に石敷の前庭を設けるなど、横穴式石室に伴う構造の一端をよく示している。
 五条丸地区では、石室で調査されたのは31基、墳丘の形状が把握されたのは26基である。石室は、すべて横穴式石室であり、1基が4石室をもつ以外は、1墳1石室である。奥壁に巨石をたて、河原石を小口積みして側壁をつくり、羨門閉塞するのが一般であり、猫谷地地区でみられた側壁の立石例や床の棺台をもつ例は極めて少ない。石室は墳丘の中央に設けられ、全長5メートルに近いものから、1.5メートルという小さいものまであり、規模にかなりの大・小を見、また前庭を敷石する構造は稀であった。墳丘は円墳で、径4.5メートルから14メートル、周囲に幅1〜2メートルの湟をめぐらすが、羨道部の前には周湟をつくらず、墓道の…

作品所在地の地図

関連リンク

江釣子古墳群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

水科古墳群
宮口古墳群
矢立山古墳群
法恩寺山古墳群
チブサン・オブサン古墳
ページトップへ