山王囲遺跡 さんのうがこいいせき

その他の画像全6枚中6枚表示

史跡 / 東北 

宮城県
栗原市
指定年月日:19710909
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 一迫川の一支流である長崎川に沿った山王囲とよばれる微高地上に所在する。
 昭和37年明治大学、同39年東北大学により、小学校校舎建設工事に先立ち発掘調査が実施され、遺跡の範囲と性格が明らかにされた。遺跡は繩文時代晩期後半からそれにつづく各時期の遺物を層位的に包蔵し、とくに下部包含層が厚く2メートルをこえる地域があり、泥炭層を形成している。その層は周囲をめぐる田圃にまで及ぶものと考えられる。
 炉跡、石組、墓等の遺構が上層から発見されているが、下層の泥炭層からは、籃胎漆器、櫛、朱塗りかんざし等のほか、わが国で最も古い編布、紐等の繊維製品の断片も発見されている。また土器類、石器類をはじめ、さまざまな遺物を豊富に包含する貴重な遺跡である。

作品所在地の地図

関連リンク

山王囲遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梁瀬浦遺跡
藤橋遺跡
日向洞窟
直坂遺跡
是川石器時代遺跡
ページトップへ