根尾谷断層 ねおだにだんそう

その他の画像全2枚中2枚表示

天然記念物 / 中部 

岐阜県
本巣市根尾
指定年月日:19270614
管理団体名:本巣市(昭2・11・30)
史跡名勝天然記念物

1891(明治24)年10月28日午前6時38分,岐阜県地方を未曾有の大地震が襲った。内陸の地震としては歴史上最大の規模の濃尾地震である。マグニチュードは8.0,有感の範囲は,北は仙台から南は鹿児島まで及んだ。この地震の震源となったのが,総延長80kmにも及ぶ根尾谷断層である。指定地での断層は,左横ずれ成分をもった正断層で落差は6mに及ぶ。この断層地形は,地震から100年以上を経過した現在でも鮮明にみることができる。

天然紀念物調査報告(鉱物ノ部)第二輯 二〇頁 参照
明治二十四年十月二十八日美濃尾張ヲ中心トシテ起リタル大地震ハ本邦ノ史乗ニ於テモ甚稀レニ見ルトコロニシテ其ノ人畜家屋等ニ及ボシタル損害甚大ナリシト共ニ學術界ノ参考トナリタル所甚多シ此ノ地震ハ本邦ニ於テ屡々見ル所ノ断層地震ニシテ而モ其ノ断層ハ明カニ地表ニ露ハレ断層地震ノ最モ好キ實例の示セリ此ノ地表ニ露ハレタル断層ハ頗ル稀有ニ属スルヲ以テ内外ノ地貭學ニ関スル参考書及教科書ニハ其ノ寫真ヲ掲載スルモノ頗ル多キニ至レリ然ルニ今ヤ此断層地ハ漸次石垣ニ改築セラレ断層ノ状態ヲ明カニ認ムルコト能サルニ至ルノ虞アルニ因リ是レ其ノ一部ヲ区劃シテ之ヲ保存スルノ殊ニ切要ナルヲ認ム
明治二十四年十月二十八日濃尾大地震はわが国の史上稀有の大規模のものである。この地震はわが国において■々見る所の断層地震であるが、その断層現象は明かに地表に露はれ根尾谷におけるものはその最も良き実例を示すものとして特に価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

根尾谷断層チェックした作品をもとに関連する作品を探す

丹那断層
郷村断層
佐渡小木海岸
隠岐国賀海岸
堂ヶ島天窓洞
ページトップへ