幾野家住宅主屋 いくのけじゅうたくしゅおく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 中国・四国 

広島県
明治/1883
木造平屋建、鉄板葺、建築面積151㎡
1棟
広島県三原市久井町和草1378
登録年月日:19991014
登録有形文化財(建造物)

もと茅葺の標準的な農家建築であるが,施主が和草村の戸長を勤めていた関係で,正面に式台玄関と,その左手に半間幅の濡れ縁をもつなど戸長役場としての性格を合わせ持つ。明治前期における地方行政機構の様子を知るうえで貴重な遺構である。

作品所在地の地図

関連リンク

幾野家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

桑田家住宅主屋
ふるさと旅行村旧渡邊家住宅主屋
栗木家住宅主屋
細井家住宅主屋
旧齋藤家住宅主屋
ページトップへ