私市円山古墳 きさいちまるやまこふん

その他の画像全3枚中3枚表示

古墳 / 近畿 

京都府
綾部市私市町
指定年月日:19940323
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

京都府北部最大の河川である由良川は、中流域で[[中丹波]なかたんば]地域の中心となる福知山盆地を形成している。私市円山古墳はこの東西に長い盆地のほぼ中央の北辺、由良川に注ぐ犀川と相良川の流れにはさまれた小高い丘陵の南端にある。古墳時代の中期、五世紀中頃に築造された大規模な円墳で、径七〇メートル前後、高さ一〇メートルの円丘の東南に幅一八メートル、長さ一〇メートルの造り出しが付く。最頂部は標高が九四メートルあり麓の平地部との比高差は六〇メートルをはかる。麓からは古墳をあおぎ見ることになり、またかなりの遠隔地からも古墳を望むことができる。古墳からの眺望もすぐれたもので、綾部、福知山の両市街地をふくむ由良川中流域のほぼ全域を見わたすことができる。私市円山古墳は、このように、中丹波地域のなかでも卓越した立地条件を備えているといえる。
 私市円山古墳は昭和六十二年から六十三年にかけて行われた財団法人京都府埋蔵文化財調査研究センターによる発掘調査で、はじめてその様相が明らかになり、平成三年には綾部市教育委員会が古墳の全体規模を確認するための調査を実施した。墳丘は後世の削平を受けることもほとんどなく、三段に築成した墳丘の斜面には、由良川から運んだ河原石を葺石として敷き詰め、一段目と二段目の平坦部分に埴輪列がめぐる。大部分が円筒埴輪であるが、朝顔形埴輪も少数ふくまれる。造り出しは上面が方形で、その外寄りから家形、[[蓋]きぬがさ]形や短甲形の形象埴輪と土師器が出土している。
 墳頂部は径約一八メートルの平坦部分になり、そこに三つの埋葬施設を確認している。ほぼ中央に位置…

作品所在地の地図

関連リンク

私市円山古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

聖塚・菖蒲塚古墳
石屋古墳
兜山古墳
松岡古墳群<BR/> 手繰ヶ城山古墳<BR/> 石舟山古墳<BR/> 鳥越山古墳<BR/> 二本松山古墳
黒姫山古墳
ページトップへ