百舌鳥古墳群
 いたすけ古墳
 長塚古墳
 収塚古墳
 塚廻古墳
 文珠塚古墳
 丸保山古墳
 乳岡古墳
 御廟表塚古墳
 ドンチャ山古墳
 正楽寺山古墳
 鏡塚古墳
 善右ヱ門山古墳
 銭塚古墳
 グワショウ坊古墳
 旗塚古墳                
 寺山南山古墳
 七観音古墳
もずこふんぐん
 いたすけこふん
 ながつかこふん
 おさめづかこふん
 つかまわりこふん
 もんじゅづかこふん
 まるほやまこふん
 ちのおかこふん
 ごびょう…

その他の画像全8枚中8枚表示

古墳 / 古墳 / 近畿 

大阪府
堺市
指定年月日:19560515
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

いたすけ古墳
 字板鶴と称せられる地に有る。前方部を西に面して営まれた前方後円墳で主軸の長さ約140メートルを有する宏壮な墳丘をなしている。封土は三段に築成され、くびれ部の南側には造り出しが残存し、周囲に堀がめぐらされている。仁徳天皇陵、履中天皇陵を中心とする百舌鳥古墳群の中においても主要な地位を占めるものであり、保存の状態もきわめて良好であり、わが国の古墳文化を考える上に価値深いものがある。

収塚古墳
 仁徳天皇陵の東南に近接して存する。基底径約40メートル、高さ約4.5メートルの円墳をなし、北がわに堀の痕跡をとどめている。墳丘は低平でやや旧規を損うも百舌鳥古墳群の一として重要である。

塚廻古墳
 仁徳天皇陵の東方に近接して存する。基底径約30メートル、高さ約9.5メートルの円墳をなし、周囲に円筒埴輪列がめぐらされている。明治45年6月坪井正五郎博士、柴田常惠氏等によって発掘され封土深く刳拔いた丸木船状の木材施設があることがたしかめられ、鏡、刀、剣、勾玉、管玉、棗玉、丸玉、小玉等が発見された。百舌鳥古墳群の一として重要な存在をなすものである。

文珠塚古墳
 S44-12-010文珠塚古墳.txt: 文珠塚古墳は、国鉄阪和線の上野芝駅南方にあり、履中天皇陵の位置する南方、石津川の支流を隔てた丘陵上にある前方後円墳である。墳丘の全長は、約70メートルあり、後円部の直径約35メートル、高さ約6メートル、前方部の幅約35メートル、高さ約5メートルを計ることができる。埴輪・葺石・周濠などの諸施設は明らかでなく、また内部主体も不明であるが、墳形から推して、お…

作品所在地の地図

関連リンク

百舌鳥古墳群
 いたすけ古墳
 長塚古墳
 収塚古墳
 塚廻古墳
 文珠塚古墳
 丸保山古墳
 乳岡古墳
 御廟表塚古墳
 ドンチャ山古墳
 正楽寺山古墳
 鏡塚古墳
 善右ヱ門山古墳
 銭塚古墳
 グワショウ坊古墳
 旗塚古墳                
 寺山南山古墳
 七観音古墳
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古市古墳群<BR/> 古室山古墳<BR/> 赤面山古墳<BR/> 大鳥塚古墳<BR/> 助太山古墳<BR/> 鍋塚古墳<BR/> 城山古墳<BR/> 峯ヶ塚古墳<BR/> 墓山古墳<BR/> 野中古墳<BR/> 応神天皇陵古墳外濠外堤<BR/> 鉢塚古墳<BR/> はざみ山古墳<BR/> 青山古墳<BR/> 蕃所山古墳<BR/> 稲荷塚古墳<BR/> 東山古墳<BR/> 割塚古墳<BR/> 唐櫃山古墳<BR/> 松川塚古墳<BR/> 浄元寺山古墳
大塚山古墳群<BR/> 大塚山古墳<BR/> 城山古墳<BR/> 高山塚一号古墳<BR/> 高山塚二号古墳<BR/> 高山塚三号古墳<BR/> 高山塚四号古墳<BR/> 九僧塚古墳<BR/> 丸山古墳
美和山古墳群
久津川古墳群<BR/> 久津川車塚古墳<BR/> 丸塚古墳<BR/> 芭蕉塚古墳<BR/> 久世小学校古墳
黒姫山古墳
ページトップへ