浄楽寺・七ツ塚古墳群 じょうらくじ・ななつづかこふんぐん

その他の画像全2枚中2枚表示

古墳 / 中国・四国 

広島県
三次市高杉町
指定年月日:19721012
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S47-5-107浄楽寺・七ツ塚古墳群.txt: 中国山地にある[[三次]みよし]盆地周辺は、中国地方有数の古墳の密集地帯である。浄楽寺・七ツ塚古墳群は、そのうちでも最大規模をもつ古墳群の一つで、三次盆地の南東部、馬洗川の支流美波羅川西岸にある比高30〜40メートルの丘陵上に分布する。北の浄楽寺古墳群は、前方後円墳4基と円墳119基が現存している。南の七ツ塚古墳群は、前方後円墳1基と円墳51基、計52基が現存している。主体部は、調査されたものでは粘土郭と箱式棺があり、別に横穴式石室の開口しているものもある。この浄楽寺・七ツ塚古墳群は、中国山地に数多く分布する群集墳の典型的なものの一つである。

作品所在地の地図

関連リンク

浄楽寺・七ツ塚古墳群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

巨勢山古墳群
古保利古墳群
真野古墳群
大室古墳群
川部・高森古墳群
ページトップへ