金崎古墳群 きんざきこふんぐん

その他の画像全4枚中4枚表示

古墳 / 中国・四国 

島根県
松江市西川津町
指定年月日:19570727
管理団体名:松江市(昭32・11・19)
史跡名勝天然記念物

金崎山と称せられる丘陵の尾梁に存するもので、その中心をなす第1号墳は前方後円型の墳丘をなしている。前方部を西北部に面し、主軸の長さ約34メートルを有するもので、昭和22年梅原博士等によって調査され、後方部に竪穴式石室があることが明かにされ、内行花文鏡、勾玉、棗玉、小玉、子持勾玉、鉄製刀身、須惠器等が発見された。附近に方墳、円墳等が存する。
この古墳群は前方後方墳、方墳等を含むものとして山陰地方における特異な存在をなすものであり、わが国古墳文化を考える上に価値深いものがある。

作品所在地の地図

関連リンク

金崎古墳群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

法恩寺山古墳群
七ツ森古墳群
百舌鳥古墳群<BR/> いたすけ古墳<BR/> 長塚古墳<BR/> 収塚古墳<BR/> 塚廻古墳<BR/> 文珠塚古墳<BR/> 丸保山古墳<BR/> 乳岡古墳<BR/> 御廟表塚古墳<BR/> ドンチャ山古墳<BR/> 正楽寺山古墳<BR/> 鏡塚古墳<BR/> 善右ヱ門山古墳<BR/> 銭塚古墳<BR/> グワショウ坊古墳<BR/> 旗塚古墳                <BR/> 寺山南山古墳<BR/> 七観音古墳
大和古墳群<BR/> ノムギ古墳<BR/> 中山大塚古墳<BR/> 下池山古墳<BR/>
黒姫山古墳
ページトップへ