唐津松浦墳墓群
 葉山尻支石墓群
 大友遺跡
 森田支石墓群
 桜馬場遺跡
からつまつらふんぼぐん
 はやまじりしせきぼぐん
 おおどもいせき
 もりたしせきぼぐん
 さくらのばばいせき

その他の画像全4枚中4枚表示

史跡 / 弥生 / 九州 

佐賀県
弥生
唐津市
指定年月日:19661219
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S42-1-016[[葉山尻支石墓群]はやまじりしせきぼぐん](佐賀県唐津市大字[[半田]はだ]).txt: 五基の支石墓と多数の[[甕棺墓]かめかんぼ]からなる弥生時代の墓地である。昭和27年、8年の発掘調査により、支石墓の上石の下から甕棺や[[墓壙]ぼこう]が検出された。

平成26年10月 追加指定・名称変更
 唐津平野は佐賀県の西北部に位置し、玄界灘を北上すると壱岐島に、さらに北上すると対馬島、そして朝鮮半島にいたる。この地域は朝鮮半島と常に関わりをもちながら、歴史や文化を形成してきており、こうした環境にあることから、菜畑遺跡が水田稲作を我が国でいち早く受容した遺跡として、史跡に指定されている。
 史跡葉山尻支石墓群は唐津平野の東部、飯盛山から延びだす標高約20mの丘陵斜面に所在している。昭和26年、碧玉製管玉をもつ甕棺墓が検出されたことから、昭和27から28年に発掘調査が実施され、4基の支石墓が検出された。この遺跡は大陸文化との交流を知る上で重要であることから、昭和41年、史跡に指定された。
 さて、唐津平野及びその周辺にはこのほかにも、さまざまな弥生時代の墓地遺跡がある。大友遺跡は東松浦半島北端、玄界灘に面した海岸部に所在する遺跡である。弥生時代早期にあたる夜臼式期に造られた支石墓の下部構造は石を土坑の壁沿いにめぐらせる「石囲いの土坑」であり、北部九州の支石墓のなかでも朝鮮半島の様相に近い。そして、これら最初期の支石墓を取り囲むように形成された支石墓の下部構造は土坑に変化する。弥生時代前期にあたる板付Ⅰ式併行期になると、初期に形成された支石墓群とは別の場所に、土坑墓…

作品所在地の地図

関連リンク

唐津松浦墳墓群
 葉山尻支石墓群
 大友遺跡
 森田支石墓群
 桜馬場遺跡
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新町支石墓群
志登支石墓群
原山支石墓群
安国寺甕棺墓群
広田遺跡
ページトップへ