カンムリワシ かんむりわし

その他の画像全2枚中2枚表示

天然記念物 

地域を定めない
沖縄県
指定年月日:19720515
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S52-1-012カンムリワシ.txt: 昭和47年5月15日天然記念物として指定されたカンムリワシは、ワシタカ科に属する中型の頑丈なワシ型のタカで、インド、ビルマ、インドネシア、フィリピンなど、東南アジアから沖縄県に分布し、我が国が世界の北限をなし、学術上貴重な種である。
 沖縄県では西表島、石垣島及び与那国島などに生息、繁殖し、水源の豊富な場所を好み、マングローブに連なる密林や流れのある山麓などに生息し、主としてヘビを捕食し、その他トカゲ、カエル、昆虫なども捕食する。しかし、その生息数は多くなく、世界的にも貴重な種である。地域を定めず指定するものである。
S47-5-191カンムリワシ.txt: カンムリワシ属に属するわが国特産の種で、石垣島および西表島に留鳥として周年生息する。個体数はきわめて少なく、石垣島では乱獲のため近年著しく減少し、ほとんどみられなくなり、西表島でも冬期、仲間川周辺に集まるところを乱獲され、絶滅の危険すらあるといわれている。

関連リンク

カンムリワシチェックした作品をもとに関連する作品を探す

リュウキュウキンバト
ノグチゲラ
イイジマムシクイ
仲間川天然保護区域
キシノウエトカゲ
ページトップへ