勝瑞城館跡 しょうずいじょうかんあと

城跡 / 室町  安土・桃山 / 中国・四国 

徳島県
室町時代後半~戦国時代
板野郡藍住町
指定年月日:20010129
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

徳島県板野郡藍住町勝瑞は、室町時代後半に阿波国守護の細川氏が守護所を置いた地で、阿波国の政治・経済・文化の中心地として栄え、戦国時代に阿波国支配の実権を握った三好氏もこの地に城館を構えた。阿波細川氏、三好氏は、細川政元、三好長慶らの要請をうけて、勝瑞から畿内近国へたびだび出兵した。守護所勝瑞は、天正10年(1582)に長宗我部氏の攻略を受けて焼亡し、江戸時代に徳島に城下町が営まれると急速に衰退した。勝瑞城館跡は、旧吉野川と吉野川、中富川に囲まれた標高約2.5mの微高地上に占地し、三好存保が長宗我部氏の侵攻に対抗するために築城したと考えられる勝瑞城跡と、三好氏の居館跡と推定される勝瑞館跡とからなる。
 勝瑞城跡は、東西約105m、南北約90mの不整方形を呈し、周囲に幅約14mの水濠が巡る。大部分が三好氏の菩提寺の見性寺の境内地となっていることから、細川氏の守護館跡で、三好氏の居城に継承されたと考えられていたが、藍住町教育委員会が平成6年から発掘調査を実施したところ、1580年頃の築城で短期間で廃絶したことが判明した。この調査結果を承けて、町教育委員会は勝瑞一帯の地籍図と微地形の調査を実施し、勝瑞城跡の約150m南西側の微高地で東西に隣接する2箇所の方形地割りを確認した。
 町教育委員会と徳島県教育委員会は、平成9年度から12年度にかけて西側方形区画の発掘調査を行い、幅約12mの濠に囲まれた、東西約120m、南北約150mの方形館跡であることを確認した。館内の南西部では庭園遺構とこれに面する会所跡と推定される桁行7間、梁間4間半の礎石建物跡を検出した。北…

作品所在地の地図

関連リンク

勝瑞城館跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大友氏遺跡
八上城跡
勝尾城筑紫氏遺跡
益田氏城館跡
角牟礼城跡
ページトップへ