江別古墳群 えべつこふんぐん

古墳 / 北海道 

北海道
江別市元江別
指定年月日:19980911
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 江別古墳群は,恵庭山系から石狩平野へ向かって北に延びる野幌丘陵北西端の縁辺部に位置する8世紀後半から9世紀中頃の群集墳である。
 昭和6年,後藤寿一により16基が調査され,墳丘や墓坑とともに蕨手刀,鉄小刀,鉄刀子,耳環,土製紡錘車,勾玉などの副葬品が発見された。周辺には縄文・続縄文時代の遺跡も存在しており,これらは発見者にちなんで後藤遺跡と総称されてきた。
 古墳は,その後,後藤守一により「北海道式古墳」と名付けられ,その呼称が広まった。昭和55年,道路工事に伴う発掘調査と確認調査により,後藤寿一の調査した古墳を含む21基の古墳が調査され,3~5号墳の3基は工事により失われたが,18基が保存された。
 古墳の墳丘は既に失われているが,後藤の調査報告などによれば径3~10m,高さ0.3~1m程度の墳丘をもつ円墳である。周溝は、深さ0.5m以上の円形,長円形あるいは馬蹄形を呈する。主体部は1号・13号・15号墳で確認されている。
 15号墳は,長径約7m,短径約5mの規模をもち,馬蹄形の周溝が巡る。主体部は,墳丘中央部を掘り下げた長さ2.1m,幅0.7mの長方形の墓坑で,北西-南東方向に主軸をとる。墓坑内には,埋葬した木棺の痕跡が確認され,東南部には歯と頭蓋骨痕跡が残り,蕨手刀の柄の一部とみられる鉄製品が出土している。周構内からは,一対の把手がつく須恵器坏,内黒の土師器坏等が出土している。1号墳は,直径が10mで,深さ約2mの円形の周溝が巡る。主体部は攪乱を受けており,昭和55年の調査時にはその位置のみが知られたが,鉄刀子片が出土し,周溝からは鉄鋤先が出土している。
 そのほかの古墳の周溝からは…

作品所在地の地図

関連リンク

江別古墳群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿光坊古墳群
丹後平古墳群
生目古墳群
矢谷古墳
茶すり山古墳
ページトップへ