下之郷遺跡 しものごういせき

史跡 / 近畿 

滋賀県
守山市下之郷町
指定年月日:20020319
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 下之郷遺跡は琵琶湖の南岸に注ぐ野洲川流域に形成された沖積地に向かい,東から西に緩やかに傾斜する扇状地の端部に営まれた,弥生時代中期の環濠集落跡である。昭和58年,都市計画道路の建設に伴う守山市教育委員会による発掘調査により3重の濠が南北で確認され,巨大な環濠集落であることが判明した。その後小規模な調査を重ねた結果,3重の環濠のさらに外側にも濠があり,最多で9重になることが確認された。最も内側の濠で囲まれた範囲は東西262m,南北201mで約4.2ha,最も外側の濠を含めると約25haに達するものと推測されている。
 環濠は幅5m,深さ1.5mである。最も内側の濠の北西側においては幅3mにわたって土が埋められ土橋状を呈する。その両側には柵,環濠の内側には門柱や掘立柱建物と考えられる柱穴群がそれぞれ確認され,ここが出入り口であったことを示唆する。なお,この周辺から銅剣・磨製石剣・打製石鏃などの武器が出土しており,出入り口付近で戦闘行為があったという考えもある。
 住居跡は三重の環濠の内外から発見されている。特に内側からは多数の柱穴が発見され多くの掘立柱建物や壁立式建物があったことを示している。その中心部には,溝によって区画された東西75m,南北100mの方形区画があり,内側には他よりも規模の大きい独立棟持柱をもつ掘立柱建物が確認された。ここが集落の中枢部であったと考えられる。
 出土遺物は豊富である。土器・石器のみならず,金属器や木製品が良好な状態で多数検出されている。このほかにも,樹木,葉,種子や動物の骨なども遺存しており,当時の自然環境や人々の食…

作品所在地の地図

関連リンク

下之郷遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

田和山遺跡
原の辻遺跡
伊勢遺跡
唐古・鍵遺跡
纒向遺跡
ページトップへ