壱岐古墳群 いきこふんぐん

その他の画像全6枚中6枚表示

古墳 / 九州 

長崎県
壱岐市勝本町・芦辺町
指定年月日:20090212
管理団体名:壱岐市(平22・3・29)
史跡名勝天然記念物

壱岐島に所在する6世紀後半から7世紀にかけての古墳群である。6世紀後半の前方後円墳で墳長63mの対馬塚古墳の築造を嚆矢とし、続いて双六古墳が造られた。この古墳は墳長91mに達し、長崎県最大の前方後円墳で、金銅製単鳳環頭大刀柄頭を始めとする出土遺物は重要文化財となっている。6世紀末になると円墳に変わり、笹塚古墳は、直径70m程度の平坦面上に築かれた直径40mの円墳で、副葬品として検出された金銅製の馬具類は重要文化財に指定されている。その後、直径53.5mの兵瀬古墳はこの時期としては九州最大の円墳で、引き続き、直径30mに復元される掛木古墳、直径45mの鬼の窟古墳が築造された。これらの古墳には、巨石を用いた横穴式石室を伴っている点も特徴で、全長16.5mの鬼の窟古墳の横穴式石室は、この時期の九州でも屈指の規模を誇る。
 これらの古墳の築造には壱岐島以外の勢力が関与していたことが示唆され、また、出土遺物には、7世紀前半の大陸系の遺物が多数ある。このように、壱岐古墳群は、6世紀後半から7世紀にかけての列島内における政治動向のみならず、東アジア世界との交流のあり方を知る上で重要である。

関連リンク

壱岐古墳群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

馬越長火塚古墳群
津屋崎古墳群
弁財古墳 金銅鏡板付轡
弁財古墳 金銅鏡板付轡
弁財古墳 鏡板付轡
ページトップへ