日吉ヶ丘・明石墳墓群 ひよしがおか・あけしふんぼぐん

史跡 / 近畿 

京都府
与謝郡加悦町
指定年月日:20050714
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

日吉ヶ丘・明石墳墓群は、京都府北部、丹後半島の南に位置し、北を除く三方を山に囲まれた加悦谷と呼ばれる盆地に立地する、弥生時代から古墳時代にかけての墳墓群である。周辺には史跡蛭子山古墳、史跡作山古墳をはじめ、同時期の墳墓及び古墳が数多く所在している。平成11年から加悦町教育委員会が町営住宅建設に先立ち日吉ヶ丘地区の事前調査を実施したところ、弥生時代中期の大規模な方形貼石墓を検出した。加悦町ではこの遺構の保存を図ることを決定し、平成14年から周辺の墳墓群の内容を確認するための発掘調査を進めてきた。
日吉ヶ丘地区の方形貼石墓は、加悦谷を流れる野田川東岸にのびる標高20m前後の丘陵末端部に所在する。規模は長辺約32m、短辺約20m、残存高は周溝の底から2m余りで、墳丘斜面上半には平らな石を貼り付けていた。上面は削平されているが、一部で盛土の存在が確認されている。方形貼石墓は、現状では石見・出雲地域と丹後地域で発掘されているが、これまで発見された中では最大規模である。埋葬施設としては墳丘中央からやや南寄りのところで組合せ式木棺1基が確認され、頭部と推定される場所では670点を越える管玉と赤色顔料を検出した。時期は出土土器から見て弥生時代中期中頃である。
明石地区は日吉ヶ丘地区の背後にある標高40から96mの丘陵上にあり、弥生時代後期末から古墳時代前期前半までの墳墓28基を確認している。近接する別の丘陵にも同様の墳墓が存在し、全体としては大規模な墳墓群が形成されていた。丹後地域では弥生時代後期になると丘陵上に墳墓が築かれるようになるが、明石地区では…

作品所在地の地図

関連リンク

日吉ヶ丘・明石墳墓群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤坂今井墳墓
白米山古墳
西谷墳墓群
塚原古墳群
唐津松浦墳墓群<BR/> 葉山尻支石墓群<BR/> 大友遺跡<BR/> 森田支石墓群<BR/> 桜馬場遺跡
ページトップへ