雲原砂防関連施設群 くもはらさぼうかんれんしせつぐん

史跡 / 近畿 

京都府
福知山市
登録年月日:20060728
管理団体名:
登録記念物

雲原砂防関連施設群は、福知山市北部の山間部に所在する。当時の雲原村は度重なる水害で農地は荒廃し、収穫量も減少して村民は過酷な生活を送らざるを得なかった。特に昭和9年の室戸台風による被害は大きく、翌年雲原村長に就いた西原亀三は、復旧工事でなく抜本的な治水工事を望み、内務省技師であった赤木正雄に施設工事計画を要請するとともに、大蔵大臣であった高橋是清に砂防工事の必要性を説き、事業予算として認められた。これにより、赤木正雄の理想的なモデル工事計画が行われ、複数の流域(総延長約12km)にわたって堰堤11基、床固工157基、流路工41基が構造的連続性を持って配置され、一体的な機能を有する砂防施設が造られた。また、土砂災害に対する安全性を確保するため、徹底的・理想的な砂防工事を目指し、農地改良・用排水路改修・林地改修・集団耕地造成・農家移転を組み合わせた総合的な地域整備事業が行われた。その結果、水害抑制の効果が得られ、かつ大規模な換地・分合により耕作地が増えるなど農業振興に寄与することとなり、雲原地区の発展に大きく寄与することとなった。施設群は、現在に至るまでその役割を維持している。
 このように、雲原砂防関連施設群は、昭和10年代の我が国農村復興の様相を具体的に示すものであり、歴史的な価値を有していることから、登録する。

作品所在地の地図

関連リンク

雲原砂防関連施設群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

常願寺川砂防施設 白岩堰堤
立山砂防工事専用軌道
常願寺川砂防施設 泥谷堰堤
常願寺川砂防施設 本宮堰堤
牛伏川本流水路(牛伏川階段工)
ページトップへ