旧三崎精錬所焼窯 きゅうみさきせいれんしょやきかま

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 明治 / 中国・四国 

愛媛県
明治/1868-1911
石造、建築面積496㎡
1所
愛媛県西宇和郡伊方町井野浦乙2085
登録年月日:20031201
登録有形文化財(建造物)

町南部,宇和海に面する山の斜面に築かれる。荒吹と呼ばれる銅の製錬作業に用いられる窯が,煙道と共に斜面の上方向に直線状に横3列,曲線状に2列配され,各焚口を緑泥変岩を用いて直径0.9m程のアーチでつくる。銅製錬の近代化を知る上で貴重な遺構。

作品所在地の地図

関連リンク

旧三崎精錬所焼窯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧正野谷桟橋
旧平礒水底線陸揚室
佐田岬灯台
宮ノ瀬窯水車小屋
木造鬼面
ページトップへ