金沢神社本殿(旧明倫堂鎮守) かなざわじんじゃほんでん(きゅうめいりんどうちんじゅ)

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中部 

石川県
江戸/1794
木造平屋建、銅板葺、建築面積14㎡
1棟
石川県金沢市兼六町1-3
登録年月日:20040302
宗教法人金沢神社
登録有形文化財(建造物)

はじめ藩校の鎮守として建築された。大型の流造社殿で,身舎円柱上に連三斗,妻は虹梁大瓶束で,虹梁で繋ぐ向拝は水引虹梁,連三斗を備える。間口の広い平面で,身舎正面にも虹梁型頭貫を通し中備蟇股を置き,胡麻殻決りの幣軸を付けて特徴ある構えにつくる。

作品所在地の地図

関連リンク

金沢神社本殿(旧明倫堂鎮守)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瀧神社本殿
玉依比賣命神社宗形社本殿
象山神社本殿
萬福寺鎮守堂
金沢神社拝殿
ページトップへ