山﨑家住宅敷地石垣及び水田石垣 やまさきけじゅうたくしきちいしがきおよびすいでんいしがき

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 

高知県
江戸/1830-1867
石造、延長35m
1棟
高知県高知市鏡的渕71
登録年月日:20040302
登録有形文化財(建造物)

県道と一段高い屋敷地の間を水田とし,東端に県道からの入口斜路を付ける。水田石垣は高さ1m程で山石を用いて乱積とし,敷地石垣は高さ3.5m程で弛みをつけて川石で積み,天端を亀甲積風にして整える。山村の江戸末以来の屋敷景観を伝えることで貴重。

作品所在地の地図

関連リンク

山﨑家住宅敷地石垣及び水田石垣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山﨑家住宅蔵
冨士屋旅館石垣
渡久山家住宅石垣
明石寺石垣及び塀
旧新井家住宅石垣
ページトップへ