古民家山十邸門 こみんかやまじゅうていもん

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 関東 

神奈川県
明治/1868-1911
木造、瓦葺、間口2.8m、左右袖塀付
1棟
神奈川県愛甲郡愛川町中津字松台485-5
登録年月日:20090108
愛川町
登録有形文化財(建造物)

通りから石段を上がったところに西面して建つ。間口2.8mと大型の一間薬医門で、両脇に袖塀を付ける。切妻造桟瓦葺。本柱上に冠木、男梁を架け、一軒疎垂木。両開戸を構え、南袖塀に潜りを穿つ。簡明な構造で、部材が太く、力感にあふれる。

作品所在地の地図

関連リンク

古民家山十邸門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小林家住宅門
茂木本家住宅正門
富岡市社会教育館正門
小島家住宅門
箸蔵寺中門
ページトップへ