扇文尽し文経錦丸帯 せんめんづくしもんたてにしきまるおび

染織 / 昭和以降 

北村武資 (1935~)
きたむら たけし
平成15/2003
経錦
幅71.0
1反
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
第50回日本伝統工芸展
国(文化庁)

 経錦は、錦の一つで、数色の経糸の浮き沈みで地と文様を織り出す染織技法である。数色の経糸を一組として扱いながら、地または文様に必要な経糸を表に浮かせ他を裏に沈めるため、2種類の緯糸を交互に打ち込んで織り進めていく。
 本作品は、白、黄、グレーの3色の経糸で扇面文様を織り出している。各扇面の左側に黄、右側に白の縦線を集め、扇面の広がりを強調し、金糸の緯糸を扇面の輪郭に浮き上がらせて打ち込んでいる。扇面の大きさに合わせ、華やかさを抑えた色遣いとし、伝統的な吉祥文様をモティーフにしながら、現代的な表現をめざした。

作品所在地の地図

関連リンク

扇文尽し文経錦丸帯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

綴帯 連想
綴帯 連想

細見華岳

絹紺地経縞に緯絣緯浮ジンバナ文様花織着尺
碧地透文羅裂地
碧地透文羅裂地

北村武資

木綿紺地格子に経緯絣カジマヤー文様花織帯地
羅

ページトップへ