坂口家住宅離れ及び渡廊下 さかぐちけじゅうたくはなれおよびわたりろうか

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 大正 / 中国・四国 

鳥取県
大正/1926
木造平屋建、瓦葺、建築面積57㎡
1棟
鳥取県米子市尾高町13他
登録年月日:20090428
登録有形文化財(建造物)

主屋から渡廊下を介して離れへ繋がる。離れは東西6.1m南北6.9mの木造平屋建で、T字型に交わる入母屋屋根とし、下屋庇をまわす。小規模ながら変化に富む外観。渡廊下は桁行14mで便所を付ける。西面は外塀を兼ねており、伝統的な通りの佇まいを示す。

作品所在地の地図

関連リンク

坂口家住宅離れ及び渡廊下チェックした作品をもとに関連する作品を探す

有隣荘離れ
坂口家住宅主屋
植木家住宅離れ控えの間
金原家住宅離れ
多田家住宅離れ及び渡廊下
ページトップへ