性海寺本堂及び宝塔 本堂 しょうかいじほんどうおよびほうとう ほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中部 

愛知県
江戸前期/1648-1651
桁行三間、梁間三間、一重、入母屋造、向拝一間、こけら葺
1棟
愛知県稲沢市大塚南一丁目
重文指定年月日:19690620
国宝指定年月日:
性海寺
重要文化財

性海寺には現に多宝塔が重要文化財に指定されている。
この本堂は同じ境内にあり、慶安年間に再建された建物であるが、内部の須弥壇、來迎廻り、 天井の過半は中世の部材を再用している。
 また須弥壇上の宝塔は本尊の厨子で、精巧な作品であり、製作はやはり中世であろう。弘安四年(一二八一)の建立と伝えるので、須弥壇および宝塔その他古い部分はその頃と思われる貴重な遺構である。

作品所在地の地図

関連リンク

性海寺本堂及び宝塔 本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

性海寺本堂及び宝塔 宝塔
財賀寺 本堂内厨子
財賀寺 仁王門
石堂寺 本堂
曼陀羅寺正堂
ページトップへ