鍛朧銀花器 たんおぼろぎんかき

金工 / 昭和以降 

田口寿恒 (1940~)
たぐち としちか
平成14/2002
鍛金
1口
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
第49回日本伝統工芸展
国(文化庁)

 材質は四分一(しぶいち)であるが、これに極少量の金を加えることで、通常の四分一よりも深みのある灰色としている。四分一の円い板を、中央より外側に向かって打ち広げてゆき、目的の大きさにしたところで鎬をつける。
 仕上げは外面と内面で異なり、外側は鎚目による梨地とし、内側は磨いて、表裏の質感に差を見せ、四分一の独特の風合いを生かした。

作品所在地の地図

関連リンク

鍛朧銀花器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍛朧銀四方鉢
鍛朧銀四方鉢

田口壽恒

鍛朧銀面取鉢
鍛朧銀面取鉢

田口壽恒

銀打込象嵌花器 若芽
切嵌象嵌箱「白光」
重ね象嵌朧銀花器「草原の森」
ページトップへ