燕子花図 かきつばたず

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 江戸 / 日本 

尾形光琳 (1658〜1716)
おがたこうりん
日本
江戸時代
紙本金地着色
(各)縦150.9㎝ 横338.8
六曲一双
東京都港区南青山6-5-1
根津美術館
国宝

総金地の六曲一双屏風に、濃淡の群青と緑青によって鮮烈に描きだされた燕子花の群生。その背後には『伊勢物語』第9段の東下り、燕子花の名所・八つ橋で詠じられた和歌がある。左右隻の対照も計算しつつ、リズミカルに配置された燕子花は、一部に型紙が反復して利用されるなど、一見、意匠性が際立つが、顔料の特性をいかした花弁のふっくらとした表現もみごとである。筆者の尾形光琳(1658〜1716)は京都の高級呉服商に生まれ、俵屋宗達に私淑した。本作品は、江戸時代のみならず、日本の絵画史全体を代表する作品といって過言ではない。

作品所在地の地図

関連リンク

燕子花図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本金地著色燕子花図〈尾形光琳筆/六曲屏風〉
紙本金地著色槇楓図〈尾形光琳筆/六曲屏風〉
紙本金地著色紅白梅図〈尾形光琳筆/二曲屏風〉
紙本金地著色風神雷神図〈尾形光琳筆/二曲屏風〉
八橋蒔絵螺鈿硯箱〈尾形光琳作/〉
ページトップへ