五明家住宅離れ座敷 ごみょうけじゅうたくはなれざしき

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 中部 

長野県
明治/1868-1881
木造平屋建、瓦葺、建築面積61㎡
1棟
長野県長野市松代町松代字伊勢町523-1他
登録年月日:20100910
登録有形文化財(建造物)

敷地の中央に位置する。寄棟造桟瓦葺で、四周に下屋をまわす。東西に二室並べ、南面に畳縁、他三面に榑縁をまわす。西側の主座敷にはトコやトコ脇、付書院を構え、中央を繰形で六角形に象る棹縁天井を高く張る。繊細で、凝ったつくりになる書院座敷である。

作品所在地の地図

関連リンク

五明家住宅離れ座敷チェックした作品をもとに関連する作品を探す

安楽寺書院
照林坊御成の間
旧山川家住宅(山川登美子記念館)離れ
植木家住宅離れ
大石家住宅東部屋
ページトップへ